So-net無料ブログ作成
  • ブログをはじめる
  • ログイン
オーディオ ブログトップ
前の10件 | -

KANNの可変LINE OUTとMW60 [オーディオ]

KANNの新しいファームウェアを入れた。
LINE OUTを可変出力にできるというもの。
これはSTAXのドライバSRM-717をボリュームバイパスで使うのによさそーだなと期待してのこと。
それに可変出力のみになってしまうんじゃなくて、固定出力と選択できる設定なので、可変出力が期待はずれでも安心。

でも、フジヤとかアイリバーのツイッターを見ると、可変出力のLINE OUTをIEM用に使うことを推奨してるよーにも見えた。
で、使ってみると、確かにヘッドフォン出力と音が違う。
可変LINE OUTをイヤホンやヘッドフォンにつなぐと、ヘッドフォン出力よりも低音が締まって、相対的に高音がちょっと綺羅びやかになる。
KANNは元の設計がアイリバーじゃなくてChineseの新興メイカーによるもののせいか、アイリバーの伝統的な音と異なる印象があったけど、可変LINE OUTからの出音は(伝統的な)アイリバーっぽい。
正直、好みで言えば、ヘッドフォン出力のほうがイイ。

じゃ、可変LINE OUTをヘッドフォン・イヤホンに使うのはナシかと言えば、そうでもない。
MW60のワイヤード使いのときに丁度よい。
と言うのも、MW60のワイヤレス使用時に低音が痩せてキンキンした音にならないよーに音作りが施されている。
おかげでワイヤレスでも落ち着いた音で愉しめる。
副作用として、ワイヤードで使うと、音の情報量増加、音場の拡張といったメリットがあるものの、帯域バランスは低音が過剰に聴こえる。
それをKANNの可変LINE OUTにつなぐことで、デメリットを抑えてメリットだけを活かすことができた。

MW60とKANN(可変LINE OUT)のワイヤード接続での相性はよい。
ところがワイヤレス(BluetoothのaptX)では相性がよろしくない。
歩行中とか混雑している総武線の車中では、音がブツブツブツブツ途切れる。
iPhoneやiPod Touchでは、そんなことは起こらないのに……

以上のよーな経緯で、最近の運用状況としては、
・通勤経路のうち総武線内(往復とも)は混雑がひどくてケーブルが周囲の他人の荷物に絡むのがイヤだから、iPhone+MW60のワイヤレス
・通勤経路の総武線以外の区間と昼休みはワイヤードでKANN(可変LINE OUT)+MW60
の二刀流で安定。
nice!(0)  コメント(0) 

テレビ用システムの変更 [オーディオ]

テレビ用のシステムの中核たるLHH-P700(プリアンプ)とLHH-A700(パワーアンプ)の調子が悪い。
左チャンネルの音が出なかったり、歪んだり。
不調の主たる原因はパワーの方だけど、プリもバランス入力以外の入力端子が死んでる状態。
最近でこそ、ヘッドフォンオーディオに特化した散財っぷりだが、以前はホームオーディオに散々貢いだ。
おかげでデッドストック中の機器が眠ってる。
今回の不調への対応も既存のストックで置き換え。

まずはパワーの交換で、Nakamichi PA-50のSound Den改造品。
躯体と電源はオリジナルから流用して、増幅部はDenの回路だったと思う。
ちょっと素っ気ない音かなって感じだが、質感はクセがなくて大変よい。
プリは流石にストックがないんで、これまたDenのパッシヴ・アッテネータ。
5入力のうち3系統は接触不良気味だが、1系統活きてれば十分。
このアッテネータはシングルエンドなんで、DAコンバータも変更。
現行のDA10はXLRのバランス出力のみなので、このアッテネータには合わない。
そこでストックの中からStellavox ST2 96/24をチョイス。
プロ機が出自なんで色付けはないDACってことになってるが、聴けば音の勢いがよく、Vocalに温かみを感じさせる色気もある。

ここで問題なのが、パナのBDレコーダ。
SONYのレコーダには同軸ディジタル出力があるんで問題ないが、パナの方はディジタル出力がオプチカルしかない。
一方、ST2 96/24にはオプチカル入力がない(DA10はオプチカル入力もある)。
どーしたもんかなと考えてたら、テクニカのDDコンバータ(オプチカル→同軸、同軸→オプチカル)を持ってるのを思い出した。
これを噛ませることで、パナもSONYもST2 96/24に接続完了。

さて、これでシステムはスピーカー以外は一新したが、音の方はそれまでと大きくは変わらない。
スピーカーのCelestion SL-6の柔らかく主張しすぎない音が全体を支配してるんだらう。
とは言え、クラシックのオーケストラ曲(BSプレミアムやEテレのエアチェック)を聴いてみると、音場の左右方向、奥行きほうこうも2割増しに拡張したよーに聴こえる。
まぁ、比較対象が故障寸前(最近では故障そのもの)のLHHシリーズなんで、はなはだ不正確な印象だけど。

既存のストック品でやりくりしただけだが、質感は従来よりも良好。
そのせいでSL-6の低音が膨らみがちで、低音の分解がよろしくないことが分かってしまう。
う〜ん、スピーカーも変えごろなのかな。

nice!(1)  コメント(0) 

現在、MW60に首ったけ [オーディオ]

2月10日以来ほぼ毎日、Master&DynamicのMW60を使っている。
購入動機は国防色(olive green)の限定モデルがとても好みの意匠だったから。
音がどうなのか試聴もせずに注文とゆー暴挙。

意匠本位で買ったのに、聴いてみるとかなり自分の好みの音だった。
まぁ、開梱直後は酷い音だったけど、20時間くらい鳴らしっぱなしにしたところで安定した。
この安定した状態の音がとてもよかった。

中低音から中音の密度が高く、高音はキンキンしない落ち着いた音調。
低音は実際には標準的なレベルだが、中低音の厚みのおかげで、音楽を聴く分には十分な低音の量感がある。
打ち込み系を聴く限り、音の立ち上がりは良好。
ただ、減衰はゆっくり目のため、音の空気感が濃く聴こえる。
これがMW60の音の最大の特徴だが、好みは分かれそう。
ワタシはコレが気に入っているポイントだけど、キンキンの音を好む向きにはモッサリした音に感じられるだろーな。

以上はワイヤードでの印象。
ワイヤードとしての運用は、
①KANN単機
②iPod Touch+SU-AX7(ディジタル接続)
③PAW5000+NT-1(アナログ接続)
で試したが、最も情報量が多そうな①は音が重く感じられ、逆に音が軽やかだがサッパリしすぎなのが③で、ちょうどイイ具合に聴こえたのが②。
他にもよさそうな組合せは思いつくが、使い勝手(i-Deviceに慣れてる)を考えると②のままでイイかなと。

MW60はそもそもBluetoothワイヤレス機だ。
KANN、iPod Touch、iPhone、PAW5000のBluetoothで聴いてみる。
KANNのapt-Xは大規模オーケストラ曲を除くと、軽めの音になるけど、ほぼワイヤードでの音と遜色ない。
PAW5000では、SBCでの伝送になるので、高音がバッサリ切れた音で、よくできたAMラジオ的な音。
本命のi-Deviceだが、apt-XでのKANNの音とさほどの差がない。
輸入元のwebサイトではMW60のコーデックはapt-XとSBCだけ表記されてる。
これに従えばi-DeviceはAACではなくSBCで伝送することになるが、実際に聴こえる音はPAW5000の音質と全然違う。
不思議に思い、メイカーのwebサイトを見るとapt-X対応と書かれているが、他のコーデックはSBCだけだとは書かれてない。
さらに海外のレビューサイトではAACに対応していると書かれてるものもある。
正直なとこ真相はわからないが、音を聴く限りはAACで伝送してるんじゃないかと思う。

とゆーよーな比較検討の結果、ワイヤレスでの運用はiPod Touch又はiPhoneを使っている。
ワイヤレスではワイヤードより少し音が軽くなると前述したが、これはワイヤードでの「音の空気感が濃く聴こえる」を軽減する。
ニュートラルになるとか万人受けするようになるという見方もできる。
これはなかなか上手い音作りだ。
ワイヤレスで音が薄くなることを見越して、素の音(ワイヤード)では空気感を濃く聴こえるように減衰特性を緩慢にしてるのかなとゆーのがワタシの推測。

さて、実際の運用だが、他人の衣服や荷物にケーブルが引っかかるおそれがある総武線等ではiPod Touchでワイヤレス、他の環境ではiPod Touch+SU-AX7でワイヤードの2刀流で使っている。
さらに荷物を軽くしたい日はiPhoneワイヤレスのみで運用することもある。
そのあたりの柔軟な使い方ができるのもMW60を気に入っている理由の一つだ。

色目が気に入っただけで購入したのに、ひょんなことからメイン使いできるヘッドフォンを入手できたと思ってるところ。
nice!(0)  コメント(0) 

リモールドtf10の復権 [オーディオ]

年末の片付けで、Roothでリモールドしたtriple fi 10proが出てきた。
リモールドしてるので、ケーブルは2pinタイプのものが適合。
手元にあったonsoの03を付けて鳴らしてみると、記憶の中のリモールドtf10の音よりもイイ。
客観的な性能が高いとゆーよりも、これまでホームオーディオ主力時代も含めた過去に聴いてきた音と親和性が高い。
グラモフォン定盤プレミアムで出ているムラヴィンスキーのチャイコフスキーを聴いて、そう思った

ただ、高音の頭打ち感が気になる。
onsoの03は出音を解すのには抜群だ。
となると、解れているかどうかではなう、量的に高音を補強したい。
イージーな考えだが、そーゆーときにはケーブルに銀をつかうとよさそうな気がした。

銀線や銀メッキ銅線を使った2pin用ケーブルを調べてみると、常識的な価格のケーブルの中ではNOBUNAGAのLeviathanがよさそう。
会社の帰りにeイヤで購入し、さっそく付け替え。
まぁ、当然におろしたてのケーブルは高音がギラつく。
でも、数日の使用で落ち着きが出て、素直に高音方向へのワイド化に成功した感じ。

Leviathanにリケーブルしたリモールドtf10は、高音の伸びに伴い音場もスゥーッと広がる感じを得た。
リモールドtf10はオリジナルtf10に比べて独特の音場感が失われるとの評もあるが、今回のリケーブルでオリジナルtf10よりも自然な広がりになった気がする。
最新のイヤホンよりは、解像度が低くて曖昧さを伴う音なのかもしれないが、ワタシにとっての聴き心地はとてもよい。
音楽を聴くには明瞭さ一辺倒よりも幾ばくかの曖昧さがあったほうが心地よいのかね。

とゆーよーな次第で、最近はKANNの2.5mmバランス出力でリモールドtf10(Leviathanリケーブル)で聴くことがとても多い。
今度はコレをReferenceにして似たよーな満足感の得られるポタ用のオーバーヘッドのヘッドホンを見つけたいなぁ。
そんなんあるかどーか知らんけど。
nice!(1)  コメント(0) 

新春の妄想 [オーディオ]

迎春

最近思うことは、ほどほどのシステムでバランスよく構成したら、音楽や映画の音声を聴くには十分愉しめるんじゃないかってこと。

例えば、DACはiFi micro iDSD BL、アンプはヘーゲル H80S、スピーカーはウィーンアコースティックス ハイドンGSなんてどーだろ。
スピーカーは他にもいろいろあるが、日本家屋でフツーの部屋なら小振りな2wayで尖りすぎない音を出すものがよい。
ハーベスMonitor20.1とかスキャンソニックHD MB-1も興味が惹かれる。
TANNOY、Ortofon、KRIPTONも出してるよね、小型2way。

アナログまで欲張れば、中古でヤマハYP-D9あたりを加えるのもイイね。
GTシリーズほど無骨じゃないし。

そんなことを妄想しつつ、
BDレコーダ+Lavry DA10+PHILIPS LHH-P700+同LHH-A700+Celestion SL-6
とゆー組合せでCDを聴いている。
LHH-P700もLHH-A700もそろそろ寿命かもしれないし、SL-6もエッジが軟らくなりすぎてる気もする。
まぁ、十分愉しめる音を出してくれてるんで、だましだまし……
nice!(0)  コメント(0) 

散財オブザイヤー [オーディオ]

今年1年間での散財オブザイヤーはKANN。
たいていのヘッドフォン・イヤホンを気持ちよく鳴らしてくれるし、LINE OUTも優秀でSTAXのドライバにつないでsimpleかつ十二分にHigh Qualityな出音を確保してくれる。
ポタでも単体だけでなく、LINE OUT+アナログ接続PHPA(ex.Oriolus NT1)、USB OUT+ディジタル接続PHPA(iFi nano iDSD BL)で使っても愉しい。
特筆すべきは、2.5mmバランス出力を変換ケーブル(2.5mmTRRS→Dual3pinXLR)経由で、LCD-2、Edition9、HD800といった、おつよい面々もちゃんと鳴らしてくれる。
強いて言えば、上流機器の整備をこれ以上しなくてもイイかなぁと思わせてしまうところ。

と、1機種単推しで終わっちゃうのでは詰まらんので、年末散財しかけたけど思いとどまったものをご紹介。
①テクニカATH-ADX5000
アキヨドで、しかも、備え付けデモCDでの試聴だったが、嫌な音を出さず、かと言ってクセを殺しまくった死んだ音でもなく、ほとんど文句はない音だとゆーことは分かった。
オープンエアらしからぬ身の詰まった低音も吃驚するほど。
ただし、「コレは…!!」って引っかかりも感じなかった。
よく聴くCDを持参して試聴したら何か感ずるところもあったかも。

②ファイナルD8000
ADX5000で空振ったので本機も試聴。
音の質(たち)は悪くない。
硬質で上から下まで音が疎になるところもない。
Edition9のクセを取り除いて、音場がニュートラルになった印象。
ただ、重い。
コレを常用するのはちょっとつらいかもと思い、入手せず。

③各社有機EL55吋(東芝、松下、SONY)
勤め先の近所のビックカメラで比較的廉価だったので結構本機で視聴。
3社ともちょっと脂ぎった感じで購入に至らず。
これも自分の好きな映画で再確認したいところ。
流れてたSONYのデモ映像では、皮肉なことに東芝>松下>SONYの順によかった(握り寿司のトロの映像が食べたいなぁと思った順)。
持ち込みBDで視聴させてくれる店ってあるのかが問題だが。


来年の期待としては、製品版のMrSpeakersのETHER ESかなぁ。
ドライバアンプはサードパーティに委ねるらしいので、そのあたりとの兼ね合い(STAX互換なのか、STAXとETHER ER共用なのか、それとも独自規格なのか)次第で。
nice!(1)  コメント(1) 

PAW5000+MH334 [オーディオ]

放置してたPAW5000だったが、昨日の晩に久々に充電。
そんなに高出力ってわけじゃないんで、能率の高いMH334と組ませる。
006Bにリケーブルしてバランス駆動。

聴きやすい音だし、バランス駆動にしてからはオリジナルのMH334で「もう一息高音がほしい」ってとこも十分伸びてくれてる。
だが、聴きやすい穏やかな音調と高域の伸びがチョイちぐはぐ。
たぶんどのイヤホンを持ってきてもPAW5000だったら穏やかな音調になるに違いはないだろーから、高音も穏やかな方が統一感がありそう。
となると、以前使ってた組合せのAKG N40(estronのバランスケーブル)と組ませるほうが無難だったかな。
ま、それは明日に追試しよう
nice!(0)  コメント(0) 

雨の日のSTAXとKANN [オーディオ]

雨足が激しかったんで、老親のとこを訪問するのは中止。
買物だけ早々に済ませて昼前に帰宅したものの、何かやることがあったわけでなし。
BSもCSも雨のせいでノイズ混じりになるから視聴することも能わず。
じゃ、じっくりと音楽を。

てなことで、久々にSTAX起用。
常設していないので電源ソケットをやりくりしようにも、空いているのは一口のみ。
これはドライバアンプ(SRM-717)にあてがうとして、ソースはどうしたものか。
常設のBDレコーダでCDを再生する手もあるが、それじゃ「じっくりと音楽を」って感じじゃない。
「そーいえば、今月のHiVi誌でやたらとKANNのLINE OUTの評判よかったなぁ」と思い出した。
KANNならソケットの心配しなくて済むしねぇ。

まずは、KANN+SRM-717+SR-009で。
KANNの出力は2V、1.25V、1V、700mVの4段切替だが、アナログのホームオーディオでの経験則上、クリップしなければ上流から高出力でぶっこんだほうが出音はよいことが多い。
KANNも上記の組合せで1Vと2Vを比較してみると、後者のほうが圧倒的にイキイキとした音になる。
ベースの弾むよーな低音は1Vかなぁとゆーとこもあったが、2Vの勢いのよさを取りたい。

出力も決まって、本格的に実聴。
聴いてみたら想像以上に素晴らしい出音が得られた。
一言でいえば、ワイドレンジそのもの(Fレンジ、Dレンジともに)。
これまでCDトランスポート+ST2 96/24をレファランスにしていたが、それよりも聴感上は2割増し位ワイドレンジ。
DAPをソースにすると低音は大丈夫かと思われがちだが、まったく懸念に及ばず。
スカスカとゆー言葉と無縁の引き締まった実がみっちり詰まった低音。
それとバランスするかのよーに高音は鋭さが光る。
量的にはフラットな帯域バランスなんだろーが、音調としては心地よいドンシャリだ。

次は、KANN+SRM-717+SR-Σpro。
Λシリースと違って、後継機のない孤高の存在ともいうべき存在。
前方定位とはいかないが、頭内定位の不自然さが気にならないとこまで緩和されるのは本機ならでは。
欠点としては他のΛシリーズ(最新のSR-L700を含む)に比べてハイ落ちに聴こえること。
だが、KANNをソースとすると不思議なことに十分なほど高音が伸びて聴こえる。
ただ、ボリューム位置次第でクリッピングしやすいところには注意が必要。
KANNの出力レベルを2Vにしているから、なおのことボリューム位置には気をつけながらの聴取。
大音量方向のDレンジはSR-009で聴く場合よりもシビア。
言い換えれば、SR-ΣproのDレンジはSR-009のそれよりもナロウということになろう。

上記のクセ(Dレンジに限界があること)を踏まえれば、ジャンルを選ばない。
もともとSR-Σproは小編成曲向きの傾向があったけど、今日の組合せならフルオーケストラも問題なし。
ワイドレンジ感を保ちつつ、聴きやすい音場の提示の仕方で具合がよい。
女声Vocalは言うに及ばず、ピアノも音が立っている。

雨のおかげで普段と違った経験ができたのは、収穫と言ってもよさそうな1日であったとさ。
nice!(0)  コメント(0) 

KANN+HP-1 [オーディオ]

PHILEWEBのfinal D8000の記事を読んでたら、元祖平面駆動のYAMAHA HP-1について言及されてた。
HP-1が現役のころはワタシもまだ若かったんで(=お金がなかったので)、同シリーズのジュニア機種であるHP-3を使っていたが、9年ほど前に程度のよいHP-1をオークションで落札している。
だが、ここ数年間は全然使ってなかった。
件の記事に触発されて、久々に使ってみた。

最初は、最近購入したPHPAのNT-1で鳴らしてみたが、能率の低いHP-1との相性は全くよろしくない。
Classicではそもそも音量不足だし、Popsでは音量が取れても気の抜けた音でダメだった。
やはりHP-1にはPowerが必要だね。
ってわけで、ポータブルなのに高出力なKANNの出番。

この組合せはよかった。
音がいきいきとしているし、HP-1の持ち味の過渡特性のよさが際立って、低音がよい意味で軽い。
篭もらない低音だが、量感に不足はない。
HP-1はセミオープンだが、フツーのオープンエア並に抜けがよいのも美点。
ショルティのマーラー5番、ハイティンクのショスタコ8番、モントゥーのベト7、ベルティーニのマーラー4番といったあたりを片っ端から(飛ばし飛ばしだけど)聴いてしまった。

KANNの設定はampのゲイン:High、ボリュームは130〜150(max.)だったんで、ホントにギリギリでPowerが足りたってとこだ。
何とも大飯ぐらいのヘッドフォンだなぁ……

さて、このHP-1だが、30〜40年前のヘッドフォンだ。
それでもKANNで鳴らした音は最近のヘッドフォンに負けていない。
その間の技術の進歩って何なんだろーね。
まぁ、ポータブルのプレイヤやアンプについては信じられないほどの進歩があったんだろーけど(その現れがKANNとゆーDAPの存在)。
ホームオーディオのスピーカーもヴィンテージ製品の愛好者が多々いるわけだから、電気信号→物理的振動の変換器とゆー意味ではスピーカーと同じ立場のヘッドフォンなんだから、これも当然か…
nice!(0)  コメント(0) 

散財その2(Shure RMCE‐LTG) [オーディオ]

イヤホン端子の廃止されたiPhone。
これまではLightningにぶら下げる形でCOZOY TAKTとゆー小さなDAC/AMPを使ってきた。
でも、なんか音の面でひっかかりもあった。

そんなタイミングでStereo Soundのwebで読んだのがLightning直結のDAC/AMP内蔵ケーブル「Shure RMCE‐LTG」のレビュウ記事。
同社のイヤホンではなくても、MMCX端子なら使えるはずだなぁと思いながら読んだ。

まぁ、ねぇ、こーゆー記事は多かれ少なかれ提灯記事の要素が含まれる。
真に受けて次から次に散財してたらキリがない。
でも、なんか行けそーな気がするって勘が働いた。

アキヨドで現物購入。
さっそく開梱して、Lyra(初代)につないで、iPhone7PLUSにつないでみた(音楽再生アプリはNeutron)。
一聴して、これまでTAKTでひっかかってたところが何なのかがわかったし、それがRMCE-LTGでは解決された。
中低音の腰の強さだ。
ここがシッカリしていると、楽音全体が腰の入った音になる。
ボリュームを上げ気味にしても飽和状態になりにくいし、絞り加減にしても音痩せしない。
これがケーブルに内蔵されたDAC/AMPの音とは俄に信じられないくらいよかった。

帰宅後にLyra以外ののMMCXを備えたイヤホン(AKG N40、Campfire Jupiter)を試す。
すると、Jupiterのストレート過ぎるくらいにストレートに音を発するところに件の腰の強い音調が加わると、とてもよい音になった。
他のイヤホンの何よりもコレがいい。

iPhoneのほかにiPod Touch6Gでも聴いてみたら、さらに音がよくなった。
iPodに比べるとiPhoneでは中高音がほぐれきっていないことに気づく。
これは看過できない。
iPodの方は音楽再生アプリにKaisertoneを使っている。
う〜ん、アプリの違いかなぁ?
善は急げとゆーことで、iPhoneのNeutron用に入れたFLACを全部削除して、Kaisertone用に入れ直してみた。
iPhoneでもKaisertoneにすることで、ほぐれ感不足は相当に改善されたが、それでもiPodでの音には僅かに及ばない。

Lightning直結の環境整備はiPhoneで音楽を気持ちよく聴くためだったのに、iPhoneとiPodの二枚持ちのほうがベストとゆー皮肉な結果。
しかし、iPod Touch(Kaisertone)+RMCE-LTG+Jupiterの音は、そこらのハイクラス(ハイエンドではなくミドルハイかな)の音楽再生専用DAPに十分対抗できる。
しかも、iPod Touchは薄くて軽い。
iPhoneとハイクラスDAPの二枚持ちよりも、iPhone・iPodの二枚持ちははるかに実用的だ。

ShureにもCampfireにも、何の義理を持ってるわけじゃないんで、ワタシが宣伝してあげるいわれは全くないんだけれど、この組合せは色んなヒトに聴いてもらいたいなぁと思う。
特に、Campfireのイヤホンが第二世代になり、第一世代のイヤホンを持っていることが何か口惜しく思ってしまうオーナーは、RMCE-LTGを試してみるとイイのではないか。
nice!(0)  コメント(0) 
前の10件 | - オーディオ ブログトップ

この広告は前回の更新から一定期間経過したブログに表示されています。更新すると自動で解除されます。