So-net無料ブログ作成

NIGHTHAWKエージング中間報告 [オーディオ]

ちょっと喘息がきついので簡潔に記録。
NIGHTHAWKのエージングはColorfly C4の6.3mm口から鳴らしっぱなしで行った(曲はときどき変えながら)。

10時間経過時点
ダメな音ではないが、フルオケの強奏ではVnが聴こえにくい。
Vnの器楽曲を聴くとフツーに聴こえるので、高音が出てないんじゃなくて強い中低音に埋もれているのだらう。
その証拠に当該Vnの器楽曲では録音場所のエアコンと思しき低周波のノイズが他機よりも強く聴こえる。
最初の課題は、多めの中低音退治。

15時間経過時点
見事に中低音の強いところが引っ込んでフラット化。
じゃ、万全か?
中音量以下で聴く限りは文句はないんだが、大音量では音が飽和しちゃう感じで一つひとつの楽音の立体的な配置が弱くなる。
それに音場も妙に窮屈。
セミオープンなのにねぇ…

喘息で臥せってたので時間は開いて40時間経過時点
大音量下での飽和感はほとんどなくなった。
卸したての高音が伸びない印象どころか、ちょっとキラキラ感が強いかなと思うくらい。
この感じ、過去に記憶があるぞ。
ケーブルにロジウムプラグを使ったときのクセに似ている。
そこで思い出したのが、C4の6.3mm口に突っ込んでる3.5mm→6.3mm変換プラグが汎用品(ロジウムではなく金メッキ)だった。
NIGHTHAWK付属の変換プラグは何かいろいろ工夫したものだったのに面倒くさがって、汎用品のままにしてた。
汎用品を付属の変換プラグに交換すると、気になってたクセが消えて、ナチュラルに。

ここまで経過時間ごとに気になるところが消えてくヘッドフォンも珍しい。
エージングは20~30時間で十分だと思ってたけど、この変化の具合を目の当たりにすると、同梱されてた紙っぺらを信じて100時間エージングしようって考えるに至った。


昨日の読書
寝床で架空戦記1本読了。

AUDIOQUEST NIGHTHAWK、到着! [オーディオ]

今宵、無事にNIGHTHAWK受領。
開梱すると、取説以外に1枚っぺらも入ってた。
エージング(バーンイン)を100時間やれというお達しの紙だ。
ちょっと気に入ったのは、卸したての音は帯域バランスがおかしく聴こえるよとゆー趣旨のことが率直に書いてあったこと。

へー、ずいぶんと馬鹿正直ねと思いつつ、さっそく音出し。
同梱の2本のケーブルのうち太い方を選んでヘッドフォンにつなげる。
ソースは手許にあったPONO。

嫌な音(ex.刺さり過ぎる高音、ブカブカと締まりなく過剰な低音)は流石に出てこない。
しかし、ちょっと変な音かもと感じた。
①高音がおとなしすぎる(大昔のパルプコーンで口径が大きいトゥイーターユニット並み?)
②500Hz~1,000Hzあたりが凹んだ感じ
③音場感が帯域によってバラバラで、音場が広く感ずる音と狭い音が混在

ちょっと一息ついた方がよさそーだなと判断。
鳴らしっぱなし状態で放置して、コンビニへ行きゆっくり立ち読み。
帰ってきたら、鳴らしてたビシュコフのショスタコーヴィッチ交響曲11番が丁度終わったとこ。
1時間程度のエージングだ。
でも、これだけで随分と音が変わった。
上記①~③の変な音と感じたところはなくなってた。

まぁ、公式見解が100時間エージングしろとのことなんで、まだまだ音は変わるのだらう。
でも1時間エージング時点の音でも悪くはない。
NIGHTHAWKを買って、卸したての音に吃驚とゆーか、目の前が真っ暗になったヒトがいたら、黙って1時間鳴らしっぱなしにしてから判断しろよといいたい。

とゆーわけで、まだまだ絶賛エージング中とでもいうべき段階なんで、NIGHTHAWKに関するもう少しまともな感想は後日。
100時間とまでは言わんが、20~30時間ならしてからかなぁ。

目眩、ESW10、NIGHTHAWK(何の三題噺だ?) [日常]

ちょっと思い付きで動物性タンパク質を絶ってみた。
主食のほかに豆類(豆腐、納豆、味噌)やパンに付けるオリーブ油を食ってたから、栄養素で不足はあるまいと思ってた。
3日経過した木曜の朝のことだが、通勤の電車の中で急に眩暈。
あわてて途中下車して喫茶店で休憩。
喫煙者ゆえ不倶戴天と思ってるスタバに入店しちゃったくらいに焦ってた。
30分ほどで落ち着いたので、遅参で出勤。
慣れぬことはするもんじゃない。
晩には行きつけの豚カツ屋にて、メンチ・チキンカツ・一口ヒレカツの盛り合わせを食らう。
なんか体調が戻った気分。

さて、聴きものの方のハナシ。
水曜まではiPhone直刺しで、SE846、K3003、リモールドtf10を鳴らす。
まぁ、特に大きな不満はないけど、暑さを理由にイヤホン運用を続けるのも少々飽きた。
それで木曜は久々のヘッドフォン。
PONO+ESW10(バランス接続)で聴いた。
ド迫力の大音量みたいな聴き方には向かないが、そこそこの音量までなら、きめ細やかで情報量が豊かな音をゆったりとした音調で鳴ってくれる。
チョン・ミュンフンのドヴォルザーク交響曲7番、原田知世「恋愛小説」がなかなかの出音。
この音が聴けるのなら少々の暑さは我慢できるなぁ。
まぁ、そんな感想も梅雨明けまでのことで、盛夏になったら口が裂けても言わんだろうが。

日が明けて本日早朝のこと。
mailerを開けたら、ヨドからメールが入ってた。
NIGHTHAWKを出荷した由。
予定より大分早いよ(笑)
今日着くのか明日なのか。
皮切りは何を聴こうか、1日ニヤニヤしながら考えよう。


最近の読書
「小説太平洋戦争 新装版(2)」を中断。
大石英司「日中開戦(6)」(中央公論新社)、架空戦記1本の計2冊読了。
ノンフィクションの合間にエンタメ性の高いのを読むのが楽しくて読書が捗る。

喘息にカナル型はよろしくない [オーディオ]

先週はあんまり聴けなかった…
耳にカナル型を突っ込むと喉の奥がむず痒くなるんだけど、金曜くらいまでは喘息の症状があったんで回避。
その代わりに333とMH334を使ってたんだけど、悲しいことにケーブル(Supernova)が断線した。
耳の後ろに回す関係でイヤホン側の端子あたりで断線するのはまぁ分かるけど、今回はDAPに刺すほうのプラグの中で接触不良(だんだん酷くなって断線)。
これってeイヤで修理してもらえるのかな?
買ったのは別のとこだったけど。

今日は喘息もおさまったんで、昼飯+散歩ではイヤホン使用。
相変わらずiPhone6Plus(アプリはNeutron)の直刺しでの運用で、SE846を使った。
SE846のメインのケーブル(Whiplash)はTRRSで作っちゃったから、iPhoneにはそのままでは使えない。
死蔵中の他のケーブル(SAEC、ADL)も試したが、高音がほぐれきらずに篭った音に聴こえてしまう。
やっぱりWhiplashに耳が慣れてしまってるからなぁ…
とゆーことで、L字アングル変換アダプタ経由でWhiplashのケーブルを使うことに。

ここのところiPhone直刺しばかりで聴いてきた。
最初のうちは直挿しでも結構使えるじゃんって驚きのほうが大きかったけど、だんだんと足らざるところも分かってきた。
弦楽の弱奏部でのザワザワって感じが単調で、微妙な音調の変化のところが表現されない。
むー、PHPAで補いたい。
でもLightningはアナログ出力がないので、PHA-1、HiFi-M8、SU-AX7のどれかか…
まぁ、夏場のイヤホン運用にはどんなもんかなとも思っちゃうし。


最近の読書
堂場瞬一「暗転」(朝日文庫)読了。
単行本で読んでたので正確には再読。
文庫も買っちゃうのは単行本を探すのが面倒ってのが半分で、あとの半分はお布施みたいなもん。

山岡荘八「新装版 小説太平洋戦争(1)」(講談社文庫)読了。
ジョン・トーランド「大日本帝国の興亡 新版(1)暁のZ作戦」(ハヤカワNF文庫)読了。
前者が全6巻、後者が全5巻なので両者を交互に1巻ずつ読んでいく予定。
次は山岡の第2巻。

♪なんどぉめのぉ……

あおぞらぁか~……ではなくて、発売延期。

公称6月下旬(以前のヨドからの連絡では6月中旬)発売のNightHawkだが、本日、ヨドから連絡があり、今度は7月中旬以降だとさ。

もう買ったことは忘れて、納品されたら「ホントに来たんだ。詐欺じゃなくてよかった」って思うことにしよう。

MDR-EX90を今更に再認識 [オーディオ]

今週は火曜の午後から1日半休みを取らざるを得なかったが、要は先週からの風邪が長引いてる。
正確には、扁桃腺→鼻風邪→気管支と遷移して、今は咳が苦しいって症状のみ残ってる。
これが結構厳しい。
咳のせいで寝てても目が醒める、咳を抑えるため水分を取ると数時間後に尿意を覚える、の繰り返しで睡眠が分断。
トータルでは睡眠時間を確保してるが、小間切れなんでどーにも疲れが抜けん。
そんな状態なんで、あまり聴く時間を確保できてないんだが、そのよーな中で一つ再認識。
MDR-EX90ってイイねぇ。

iPhone6Plusの直刺しで鳴らしてみると、元気いっぱいで音がポンポン飛び出してくれる。
こまかいアラは気にならない。
とはいえ、ClassicにせよJazzにせよ、何でも元気いっぱいの音になってしまう。
元気いっぱいでOKなソースに対しては外付けDACもPHPAも必要性を感じない。
ただ、音の陰影みたいなとこがキモのソースに対しても、陰影を感じさせない元気のよさで苦笑い。

上流を替えてDX90j(Rockbox)+MDR-EX90で聴く。
基本的にはiPhone直刺しでの出音とよく似てるけど、比較すれば、さすがにDX90jのほうが表現の幅が広くて何でも元気いっぱいっていう印象は薄らぐ。
ただ、帯域バランスとしては、EX90はどこまでいってもEX90なんで、Classicのオケ曲では低音の量感がもの足りない。
芯のある低音なんでコレでイイってヒトもいるかもしれんけど。
この量感を補うには音量を少し上げることがよさそう。
ただ、カナルの割には音漏れのある機種(以前、電車の中で神経質そうなヒトに叱られた)なんで電車の中ではこの手は使えない……
電車の中ではClassicの器楽曲、Jazzなら熱気よりもジェントルな聴き方の合う曲とゆーよーに、音量を上げなくても低音の量感不足を感じいくいソースを選ぶしかないかな。

まぁ、上記のような運用上の工夫をしなきゃいかんけど、結論としてMDR-EX90はイイわ。
断線が怖いので復刻してほしいけど、まぁまず無理スジだろーなぁ。

iPhone6Plus(128GB)へ移行 [オーディオ]

1つ前の記事で体調不良の理由を気温のアップダウンと書いたけど、思い当たることがもう1つ。
キャリアをDOCOMOからAUにかえつつ、スマホをZ1fからiPhone6Plus(128GB)にしたんだけど、なぜかAUの審査に時間がかかってAUのカウンタに1時間以上釘付けにされた。
まったく身体を動かさずにエアコンの効いたとこにいると冷えるからねぇ…

iPhone6Plusにした理由は2つ。
老眼の進行とともにZ1fのディスプレイサイズ(4.3吋)が辛くなってきたこと。
もう1つはいくら待ってもiPod Touchの128GBがリリースされる気配がないこと。
1つ目のディスプレイサイズは5.5吋にしてよかったわ。
ハンドリングは悪いけど、TEXTの読みやすさには変えられない。
2つ目の理由はどーなんだろ?
案外と次の更改時にTouchの128GBが出ちゃったりするのかな。
電話機をDAC内蔵のPHPAに対するトランスポートにするのは精神衛生上よくないんで、今回の見切り発車的iPhone6Plus導入後にTouch128GBが出たら悩みそう。

と、グチャグチャ書いたけど、128GBを選択したのはDAPとして使う気満々。
アプリはいつものFLAC Playerにしようかとも思ったけど、Neutronにする。
対応コーデックも多いし、音質設定(64bit処理とかリサンプリングとか)もiPhone6PlusのCPUのハイスペックさを活かすのに相応しいかなとゆーことで。

実は体調のせいで(ホントはiTunesでアプリの文書としてファイル転送をしなきゃいけないクソ仕様のせいなんだけど)、まだ30GB分しか仕込んでいないので、聴くソースに限りはあるんだけど、イヤホン・ポタ用ヘッドフォンを鳴らしてみた。
現有のiPod Touch3Gよりも電源がシッカリしているせいなのか、直刺しの音もそんなに悪くない。
電波をガンガン受け入れる電話機をDAP代わりにすることに抵抗がなくなる程度にはイイ(←いまさら?)。
まぁ、まだエージングもクソもない状態なんで、細かいことは省略して、結果(相性のよかった機種)だけメモ。
ポタ用ヘッドフォンの中では、ESW9LTDがよかった。
イヤホンのほうはみんな一長一短で、決め手がない状態だけど、暫定的にはK3003がよさそうな印象。

さて、あと80GB位仕込まないとなぁ……


先週の読書
「蒼天見ゆ」読了。
ラストに向かって淡々とした語り口がますます淡々としていって、ちょっとっ拍子抜け。
叙事詩みたいな読後感。

続いて、小島正樹「浜中刑事の妄想と激運」(南雲堂)読了。
倒叙で、ユーモア混じりの語り口調で、しかもトリックを一捻りしてあるとゆー何とも不思議なミステリ。
面白かったのにガツンとしたものが残らず。

森詠「日本イスラム大戦Ⅳ 終わりなき戦い2021」(文芸社文庫)読了。
名作「燃える波濤」に比べるとエンタメ性を高めているが、やっぱり森の取材力は凄いなぁと感嘆。
だいぶ加筆してるとはいえ、原著(「黙示録2010 ユーラシア大戦」)が15年前の作品であるとゆーことに吃驚。

DX90jとイヤホンいろいろ [オーディオ]

気温のアップダウンに体力がついていけず、鼻風邪と扁桃腺炎になった。
なんだか月1のペースで体調不良だなぁ…

今週はDAPをDX90j(Rockbox)に固定してイヤホンを色々組ませた。
最初は、先週のDAP(C200v2)と相性のよかったMH334(Supernovaリケーブル)からスタート。
何だか高音方向の元気がないとゆーか、低音方向に盛りがよすぎるとゆーか。
よくよく聴けばちゃんと高音も出てるし、室内で聴くのなら落ち着いた音調だなとも思う。
でも、通勤時に聴くには不向き。

で、DX90jとの相性が抜群によいなぁと以前から分かってた333(Supernovaリケーブル)に。
高音にピーンと芯が入って聴き取りやすいし、全帯域で音が元気。
DX90jは低音の量が多すぎとゆーのが定評になってる。
ワタシ自身はそれほどでもないんじゃないの思ってるが、高音にキリリとしたとこのあるイヤホンのほうが合うのは確かだ。
その仮説を裏付けるやうにSE846も悪くない。

ほかに高音の明瞭なイヤホンなかったかなと手持ちのをゴソゴソ探してたら、ER-4Sがあった。
現状はイヤチップをコンプライに換装してZEPHONEにリケーブルしてるんで、見た目はオリジナルの面影はないけど、音の方はオリジナルよりも軽く低音補正が入った感じがあるものの、基本はオリジナルの音の素直さが十分残っている。
決してハイ強めってわけじゃないけど、明瞭さは高い。
これをDX90jで鳴らすと、ホントに自然な音調で、どこにも足すべき要素も引くべき要素もない。
オーディオにそれほど興味はないが、イイ音では聴きたい音楽マニア向けってとこか?
機器を組合せて、アーでもなければコーでもないって薀蓄たれるのが好きなマニアの目線で評すれば、面白みには欠けるかも。
あと、冒頭書いたよーな体調不良で聴いても不快感がないこともメリットとゆーことも書いておこう。

メッセージを送る