So-net無料ブログ作成
検索選択

1年を振り返って [総括]

まずは散財関係から。

ヘッドフォン・イヤホン
①AKG K712pro
②Klipsch Image X10
③FOSTEX TH500RP
④Audio-technica ATH-ESW9LTD

プレイヤ
⑤DX90j
⑥PONO PLAYECR

ヘッドフォンアンプ(DAC複合機を含む)
⑦Fiio E12DIY
⑧Victor SU-AX7
⑨HEGEL SUPER
⑩SPL Phonitor mini

リケーブル
⑪OYAIDE HPCシリーズHD25用(シルバー)
⑫ZEPHONE EE-5
⑬OYAIDE HPCシリーズShure・UE900用(MMCX)
⑭BEAT AUDIO Supernova(Fitear用)
⑮MOON AUDIO Black Dragon IEM(PONO→Fitear用)
⑯MOON AUDIO Black Dragon 変換ケーブル(XLR✕2→3.5mm✕2)

ホームオーディオ
⑰Counterpoint SA5000(中古コントロールアンプ)
⑱DENON DL305(中古MCフォノカートリッジ)
⑲Ortofon MC200(中古MCフォノカートリッジ)
⑳EMT XSD-15(中古MCフォノカートリッジ)

今年の散財はどれもハズレはなかった。
ただ、従来の機種やワタシの持駒に比べてずば抜けた水準ってわけではない。
同じレベルの機種が増えた、組合せの選択肢がグッと増えたって感じかな?
その中でワタシにとって意味が大きかったのはPONO PLAYERかな。
年齢のせいか、PHPAつなげたり、大きなDAPを使うのが億劫になってきた。
そこそこの大きさのDAP1発で心地よい音が出てくればイイんじゃねぇのってこと。
DX90jが答えになるかと思ったら、バランス出力まで備えたPONOが出てきた。
HM-901のバランス出力よりもPONOのバランス出力のほうがシングルエンドからの改善度が大きい。
HiFi-M8の音の滑らかさ・ゆったりさがヘッドフォンによってはロースピードに感じさせるけど、PONOはそこそこのスピード感を維持してる。
強いて言えば、楽音の立体的配置の再現が上手なくせに音場の左右方向が少し狭めかなとゆーくらいか。
もっとも、これとて音像の骨太さにつながってるとゆーよさにも感じられる。

来年もあんまり重装備なのは要らないかなぁ。
まずは、DENONのポタ(MM400)とかOPPOのポタ用平面駆動ってとこか。


オーディオ散財関係以外は次のとおり。
TVドラマは結構視てるほうだが、録画して数か月後にも再度視聴しよーって気になれたものは少なくて、「紙の月」(1月期・NHK)、「なぞの転校生」(1月期・TX)、「MOZU」(4月期~7月期・TBS&WOWOW)、「BORDER」(7月期・テレ朝)の4本。
読書は昨日読了した月村了衛「機龍警察 火宅」(早川書房)を含めて303冊読んだが、正直、流し読みの乱読だったかなぁってこともあり、印象に残るものなし。
今年出会った食べものは、新御茶ノ水「ディラン」のカレーがイチバン印象深い。


さて、この記事を書くために1年分のブログを流し読みしてみたが、これまで以上によく体調が悪かった1年だったと実感。
単にダルいってヤツじゃなくて、風邪やら喘息やら、ホントに体調を崩してた。
来年の課題は体調管理かなぁ。

とゆーわけで、よいお年を。

炙りすぎ [オーディオ]

半ば試しにやってみたリモールドtf10の純正ケーブルを使ったバランス化。
ホントによく鳴ってくれてる。
MH334(Black Dragon IEMリケーブル)のほうが細かい音が出てたり、音場の左右方向に広がりがスムースだったりするところは勝ってる。
でも、鳴りっぷりとか、聴いてて愉しいところはリモールドtf10のほうがよい。
プラグのハンダ付け直後の音は少々ボケたところもあったけど、何時間か音出ししているうちにボケも消えた。
エージング効果の有無についてはヒトによって意見様々だし、メイカーの商品なら最低限のエージングくらいやってから出荷しろよとゆー意見もある。
ただ、ケーブルのハンダ付け直後の音と数時間後の音が違うのはフツーの注意力で分かる。
これが分からないのならハードウェアのグレードアップしなくてイイんじゃないのかってくらい。

まぁ、そんくらいの音のよさに気をよくして、バランス化のためにケーブルを解いたところももう少し見栄えをよくしようかしらなどと思ってしまったのがよくなかった。
熱収縮チューブ被せてライターで炙って……
う~ん炙りすぎた。
中の被覆も溶けてショートしちゃったよ。
とゆーことで、溶けちゃったところをカットしてプラグ付け替えのやり直し。
うん、ケーブルがドンドン短くなってくよ(苦笑)

無事に2度めのプラグ付け替えを終えて、ケーブルのエージングのやり直し。
とりあえずPONOで全曲シャッフル再生中。
あと数時間の我慢かな。


昨日の読書
「複合捜査」読了。
同じ世界観の前作「検証捜査」よりもアクの強い主人公。
年齢はワタシに近いよーなとこなんだが、最後まで共感の持てないキャラで面食らった(脇役として出てくるんならおかしくないよなぁって感じ)。
個々の捜査や心理描写は上手い。
上手い分だけ主人公のキャラに違和感を思いつつの読了。
おかしな主人公とゆーよりも登場人物の1人と再認識できるくらいに「○○捜査」シリーズが作を重ねていけばイイんかな?

PONOによるバランス駆動(最終回)T5pとリモールドtf10 [オーディオ]

金曜の午後から年に1度の長期休暇に突入。
と言ってもこの土日は大掃除とまではいかないまでも産卵してる本やら何やら整理しないと。
そう思うと少々憂鬱。

さて、今週書いてきたPONOのバランス出力でいろいろ試すシリーズの最終回。
1本目は残された大物のT5p。
T5pはHiFi-M8用にXLR✕2にプラグを付け替えていたが、もともとのケーブルが非常に断線しやすいもんだから、XLRプラグの重さに耐えかねて、しばしば接触不良。
このハンダのやり直しをしようと思ってたが、重たいプラグをぶら下げる限り無間地獄だなと考えなおして、PONO用に3.5mmステレオミニ✕2に付け替えることにした。
音を出してみると、以前の音の印象と変わらない。
ヘッドフォンの個性が強くて、上流に何を持ってきても変わって聴こえにくいのかな?
まぁカーカー鳴るような強烈な中域とゆー個性はちょっとやそっとでは変わらない模様。
オケ曲にしても金管大活躍のパートを聴くと気持ちよいが、低弦ゴリゴリみたいなとこは上手くない。
まぁ、こいつはPONOでどーこーゆーもんじゃないな。

次は、リモールドtf10。
シングルエンドで聴いてみると、他のDAPで鳴らしたときと印象は変わらない。
聴きやすくて、何を聴いても破綻のない出来のよさ。
しかし、iPod直刺しで聴いても、このくらいの音は出せちゃいそうな感じ。
う~ん、PONOとtf10の相性はよさそーに思ってたんだがなぁ…
と訝しげに思いつつ、Roothの純正ケーブルのプラグを3.5mm✕2にすげ替えて、PONOのバランス出力で鳴らしてみた。
今度はアタリだ。
色んな要素でシングルエンドの場合よりも改善されてるんだろーけど、イチバンに気がつくのは音の躍動感。
それでいて軽々しい音ではなく、CelloやアコーステックGuitarの音の深みも出せる。
ニンマリとしながら聴いてるんだけど、同時に、ケーブル自体をBlack Dragon IEMでバランスにしたらもっとよさそーだななんてことも考えた。
ただ、送料とか考えると、MOON AUDIOのケーブルで欲しいのがもう1本くらい出てきたら、そんときに一緒に注文するのがいいか…

PONOのバランス出力をいろいろ試してみて思ったことが1つ。
PONOはイヤホンよりもヘッドフォン向きだと言われることがあるみたいだけど、少なくともバランス出力のご利益はイヤホンのバランス化のほうにあるよーな気がする。
MH334とかリモールドtf10のバランス化は本当にメリットが聴き取りやすいんだよねぇ。


今日の読書
堂場瞬一「複合捜査」(集英社文庫)に着手し、1/3まで。

PONOによるバランス駆動(その5)ESW10復活 [オーディオ]

シングルエンドによるESW10は大変気に入っていた。
卸したての時には中高域がつっぱっていて、姉妹機のESW9との違いに面食らったこともあったが、エージングにより帯域バランスも整い、C4と組ませて愛用。
これが1年前に状況が変わった。
HiFi-M8導入時にESW10もXLR✕2にプラグを付け替えて、HiFi-M8によるバランス駆動を試してみたのだが、これは正直言ってあまりうまくいかなかった。
Dレンジの拡大とかイイ面もあったが、音がゆったりとしすぎて、ちょっと寝ぼけた音になってしまった。
以来、ESW10はほとんど死蔵状態。

これまで書いてきたよーにPONOのバランス出力がなかなか素晴らしいんで、ESW10も使ってみることにした。
XLRをばっさりと切り落として、3.5mmステレオミニプラグ✕2にすげ替える。
さっそく音出し。
HiFi-M8のときのロースピードな音と違って、そこそこ機敏。
ハイスピードではないが、ちょうどよい具合に深々とした音の響きもあって、元来のESW10の音調を取り戻した。
Dレンジは確実にシングルエンドよりも広くて、バランス駆動の効果も聴き取れる。
気持ちばかりだが、帯域も低域方向に伸びてるよーに聴こえる。
たぶんF特が改善されたとゆーよりも、ポタ機でやや苦手とする低音のDレンジが確保されて聴感上より低い音が出てるよーに聴こえるんじゃないかと推測。

今日はこれを持ち出すことにしょう。


昨日の読書
架空戦記1本読了

PONOによるバランス駆動(その4)ケーブルのエージング [オーディオ]

PONOのバランス出力をMH334で受けると、シングルエンドの場合よりも音像が明確になった反面で音場感が後退したよーに聴こえると3つ前の記事で書いた。
また、ケーブル(Black Dragon IEM)のエージングにより間接音成分が出るよーになってくれればなぁとゆー期待も書いた。

で、案外早くにエージングの効果が出てきた。
シングルエンドのときのよーな音場感がバランスでも戻ってきた。
音像の明確化はそのままなので、純粋にイイ音になった。
聴き慣れたプレトニョフのショスタコーヴィッチ交響曲11番(ハイレゾ)でじっくり聴いてみると、今まで気付かなかった音も聴き取れる。
微細な情報まで拾うよーになったとゆーことなんだらう。
ちょいと気になるのは、音場が広がりすぎて左右バラバラっぽく聴こえるパートもあったことだ。
これが録音によるクセなのか、更なるエージングで解消するよーなものなのか、もう少し聴きこまないと分からんが。

その気になるところはあるものの、PONO+MH334はポタでのバランス駆動で最もバランスのご利益を感じさせる組合せだ。
PONOはHM-901よりもシングルエンドからバランスに変えたときの改善が分かりやすい。

Dレンジの確保、帯域バランス(イヤなクセのないF特)はイイ音の大前提。
これに加えて、①音像の明確さ、②音場の広さ、③楽音の立体的配置の再現はどうなっているのかがワタシにとっての音の判断基準。
PONO(バランス出力)+MH334(Black Dragonリケーブル)は高い水準で①~③の要素を満たしているよーに思われる。
そして、何よりも古いソースからハイレゾまで何を聴いても愉しく聴こえるところがイイ。

当分PONO熱は冷めないなぁと思う。


昨日の読書
大石英司「日中開戦4 南九州蜂起戦」(中央公論新社)読了。
第4巻ではシリーズの主人公たる特殊部隊(サイレント・コア)の出番はほとんどなく、熱血な鹿児島県知事と在郷軍人ともいうべき自衛官OBによるエキセントリックなまでの民間防衛が描かれる。
さながら70年遅れの本土決戦。
WWⅡで日本が降伏せずにオリンピック作戦が実行されたらこんなんだっただらうかなどと妄想。

PONOによるバランス駆動(その3)チョイ訂正と追加 [オーディオ]

1つ前の記事でPONOのバランスではHD800に対してゲイン不足と書いたけど、今日再度確認したらSRH1840の場合と同等の音量は取れてた。
HD800のほうが音場が広いので、フルオケとか聴くと、SrH1840と同等の音量が取れてても音量が小さく感じちゃうだけのコトだった。
現に小編成を聴くと両者で聴感上の音量差は殆どない。
音場がグワッと広がるよーなソース以外の場合には、むしろHD800のほうが音量が取れてるよーにも聴こえるくらい。

で、音量が取れるよーなソースでPONO+HD800のバランス駆動を聴いてみると、据置機環境と比べるとFレンジの両端が丸まってるし、音場も少々狭いかもしれないなってゆーよーな印象を受けるものの、なかなか立派にHD800を駆動してくれてる。
録音レベルの大きい箇所で電流供給が対応できずにアンプ部分が気絶しちゃうよーなことはないみたい(測定してるわけではなく聴感上のハナシだけど)。

PONO+HD800はSRH1840の辛口サウンドに対して温度感が高い出音。
暖かみを湛えながらも音場の見通しがよいのは流石にHD800の独擅場だなぁ。

あ、書き忘れてたが、ケーブルはHD800用Silver Dragon(XLR✕2)+Black Dragon V2変換ケーブル(XLR✕2→3.5mm✕2)の混成。
2つ前の記事で変換ケーブルをBlack Dragon IEMと書いたのは勘違いで、Headphone用のV2だった。


昨日試してなかったヘッドフォンを1つ追加で試す。
⑤LCD-2
もともと使ってたケーブルはWhiplash(XLR✕2)なので、WhiplashとMOON AUDIOの混成とゆーことになる。
音量はHD800やSRH1840並にはだいたい取れてる。
しかし、低音大音量箇所でのアンプ部分の気絶症状は少しある。
何よりも帯域バランスとして、LCD-2最大の特徴ともいうべき低音が痩せてしまい、相対的に高音がやや尖り気味。
それと関係してるかどーか分からんけど音場もセンター寄りになってしまってる。
ゲインは足りてても、LCD-2の重たい振動板を動かすにはPONOでは電流供給量不足なのかなと推測。
まぁ、この組合せは無理スジだったかなと。


2014/12/21 18:11追記
PONOバランス駆動時のLCD-2の帯域バランスに関する記述を削除。
低音が痩せてたのはLCD-2の出番が久々だったためみたい。
しばらく鳴らしてたらLCD-2らしい低音にもどったし、高音の尖った感じも霧消。
ただし、音場が狭めであること、低音が大音量で鳴る箇所でアンプ部分の気絶症状が感じられることは変わらないので記述はそのままにした。

PONOによるバランス駆動(その2)ヘッドフォン編 [オーディオ]

続いてヘッドフォンのバランス駆動。
いずれも1つ前の記事で書いた変換ケーブルによるもの。

①HD800
バランス化してもPONOでは少しゲイン不足。 JazzやVocalでは大体よさそーなんだけど、HD800が得意とするClassicでゲイン不足を感ずるのが何とも言えず。
(次の記事の「PONOによるバランス駆動(その3)チョイ訂正と追加」を参照のこと。)

②SRH1840
ゲインはギリギリセーフ。
Classicのごく一部のソースでは音量がもう少し欲しいとゆー場合もあったが、たいていのソースで大丈夫だった。
音の方は面白い。
極めて辛口の音。
ハイスピードで、かつ、低音から高音までスピード感が揃っており、弛んだところが感じられない爽快感さ。
こーゆー音の場合には腰高になりがちだけど、そーゆー副作用もない。
音の見通しもよいし、弱奏部の繊細さもよく出してくれる。

③・④Edition8とEdition9
この両機はHiFi-M8で聴くと音が似通った印象になるのだが、PONOで聴くと両機の違いがハッキリと出る。
Edition8では低音の量が盛られていることが一聴して分かる。
ただし、弾むよーな低音なんで、音楽全体がイキイキして聴こえるので、低音過剰も悪くないと感ずる。
他方、Edition9はだいたいフラットな帯域バランス。
HiFi-M8(バランス駆動)で聴くEdition9は音に余裕を感じさせる音楽的な鳴り方であるのに対して、PONOでは上記のフラットネスと相まってモニタ調。
両者を比べてみると、室内で聴くのならフラットなEdition9が圧勝だが、ポタならEdition8のほうがよさそうだ。

③・④はじっくりと音楽を聴くぞと意気込んで聴く音で、とてもこんな小さな三角柱から出てるとは思えない水準だと思う。
それに対して、②の軽やかさは思ってた以上に快適でビックリさせられた。
辛口と言っても聴き疲れするのとは違ってホントに心地よい。
悪い意味ではなく聴きながら寝てしまうことも可能だ。
PONOバランス駆動でイチバン気に入ったかもしれない。


最近の読書
香納諒一「贄の夜会」(文春文庫)上下巻ともに読了。
久々に大物を読んだとゆー充実感。
1つのハナシなのに3つ分の要素(猟奇殺人、プロの殺し屋、警察の裏面)を含んでる。
次はもう少しシンプルなのも読みたいなぁと思ったのも事実だが。


2014/12/21 17:50追記
HD800に関する記述を削除。詳細は1つ次の記事を参照のこと。

PONOによるバランス駆動(その1)イヤホン編 [オーディオ]

PONOのバランス用ケーブルは金曜に到着。
金曜の午前中に通関したのでFedExに照会したら昼間のうちに配達だとさ。
それじゃあ受け取れないので夜間の配達を依頼したら、FedEx直接配達地域なので夜間配達には対応してない由。
それで少々リスキーだけど郵便受けに入れておいてくれとゆーことにした。
帰宅したらビックリ。
封筒の1/4が郵便受けの外に飛び出してるよ。
ちゃんと中まで押し込めよなぁ…
やっぱりFedExは性に合わないわ。

で、MOON AUDIOで購入したケーブルは2本。
・FitEar用のBlack Dragon IEM(3.5mm✕2)
・Black Dragon IEMHeadphone V2 変換ケーブル(XLR✕2→3.5mm✕2)
これで手持ちの資源をPONOバランス出力用に活用する。
まずはイヤホン編。

①MH334
Supernova(シングルエンド)に比べると、音像の輪郭がクッキリする。
これにより音場の中の各楽音の位置関係が明確になる。
ただし、Supernova(シングルエンド)のモヤっとしたところが間接音成分を増してるかのように聴こえて独特の音場感を醸し出していたところがなくなってしまう。
オーディオ的な意味ではBlack Dragon IEMによるバランス駆動のストレートな音ほうが正統派だと思うが、Supernovaによるライヴっぽさも捨てがたい。
Black Dragonがエージングの進行でもう少し間接音成分と直接音声分のバランスが変わってくれると鬼に金棒なんだけどなぁ。
ま、これはもう少し時間をかけて結論を出そう。

②SE846
実はイヤホンをHiFi-M8でバランス駆動するためにMMCX端子付きSilver Dragon IEM(XLR✕2)を持っていた。
ただ、思ってたよーな音になってくれなかったので死蔵状態だった。
今回は上記の変換ケーブルを噛ませてPONOでのバランス駆動で鳴らしてみる。
結果としてはSilver Dragon IEMとBlack Dragon IEMの混成となった。
で、音のほうはと言えば、これがなかなかよい。
MH334と同様に音像の明確化が特徴的な音の変化だった。
これは元々の音が硬質なSE846の美点をそのまま延伸させた感じで、違和感なくバランス化によるグレードアップを実感させる。
ただ、外に持ち出す時には、ちょっと一工夫がいりそう。
とゆーのもケーブルと変換ケーブルの接合部分(XLRのオスとメスが嵌合している部分)の質量がけっこうあるので、イヤホンがひっぱられそうだからだ。
上記の接合部分をPONOにゴムバンドで固定しておくとか工夫しないとね。


2014/12/21 17:45追記
変換ケーブルの線種を勘違いしてたので訂正した。

PONO+X10が新たなお気に入り [オーディオ]

晩に喰らったもんにあたったよーで、腹痛で先程まで呻吟。
よーやくおさまった。
たぶん某カフェのカフェモカにのっかってたホイップクリームかな?
何か変な感じだったんだよなぁ。
でも「何か変」ってくらいだと「作りなおせ」って言えないんだよねぇ(小心者)。

今日はPONO+X10。
PONOに合うイヤホンとしてはカスタムのMH334が気に入っている。
MH334はフツーのイヤホンによる聴こえ方よりもスケール感の大きさが聴き取れて魅力的。
一方、今日のX10は典型的なイヤホンの聴こえ方(正真正銘の頭内定位)なんだけど、イヤな音を出さないし、高音のパリっとした感じも、膨よかな低音も聴き応えがあって愉しい。
先日、ドブルベではダメダメだったキース・ジャレット「My Song」も大変よい出来。
最近お気に入りのベーム・VPOのR・シュトラウス「英雄の生涯」も音場に広がりに乏しいことを除けば暖かみのあるVPOらしさが上手に再現出来てる。

MH334のやうなカスタムを耳に装着すること自体は億劫ではないが、使っているケーブル(Supernova)の取り回しはちょっと面倒に思うことがある。
それに比べて、ヒョロヒョロのX10のケーブルは手軽に使うのにはとてもよい。
この組合せ、もっと早く使い始めてたらよかったと思う。


PONO用バランスケーブルは日本時間19時にメンフィスを出た。
メンフィス発の行先が東京なら明日のうちに通関して国内配送業者に渡されるはずだが、そうでなければFedExは土日は働かないので来週へ持ち越しとなる。
さて、どーなるかなぁ



焼肉の味>>音の印象 [日常]

忘年会ラッシュの締めは焼肉。
白金の人気店ジャンボに中年男3人で予算制約線無視の注文。
野原焼き、上ハラミ、ランボソ、トモ三角、上カルビ、ミノサンド、ザブトン、ロース、ユッケ、キムチ盛合せ、テールスープ、カレーライス。
どれも大変美味で予約の取りにくい店であることも理解できる。
この店の名物である野原焼き(薄切りサーロイン(タレ味)をサッと焼いて生卵を付けて食す)は予想以上に美味かったが、それ以上に圧巻だったのはトモ三角。
肉の旨味、細かく入ったサシの甘み、タレのチョイ胡麻風味の味付けのミックス具合はいつまでも食べ続けたい。
呑みのお供とゆーだけでなく、今度は白米頼んで、サッと焼いたトモ三角で飯を巻いて喰ってみたいなぁ(今度やってみようと決意!)

聴く方はPONO+リモールドSE535。
アホなハナシだが、肉の味の印象が強すぎて、昨日聴いた音の印象は憶えてない。
まぁ、仮に変な音だったら流石に忘れんだろーから、肉の味には勝てなかったけどフツーに愉しめる音だったのかな?

MOON AUDIOに発注したPONO用ケーブルは今朝の4時(日本時間)に出荷。
配達は悪名高きFedEx。
果たしてこの週末に入手できるのか?
メッセージを送る