So-net無料ブログ作成

最近購入したCD(その2) [音楽]

1つ前の記事の続き。

ベーム・VPOのベートーヴェン交響曲4番(69年ライヴ・ORFEO盤)。
同じくベーム・VPOのベートーヴェン交響曲2番と7番(80年来日ライヴ・Altus盤)。
どちらもDX90j+ESW9LTDで聴いてみると、腰くだけ感が…
柔らかい音色、音像強調よりもフンワリした雰囲気といったポジティヴに捉えられるべき要素も我慢しがたいほどにタルい。
いくらベームでもそこまでヌルくないはず。
ハードウェアにも問題ありそーだなと思い、DAPをC4に切り替えてみる。
そしたら腰砕け解消。
さらにヘッドフォンもK712proに替えてみると上記の美点だけが残る。
どーやらハードウェアを選ぶソースだったやうだ。

一方、同じベーム・VPOでもR・シュトラウス「英雄の障害」(76年・DGG盤SHM-CD)はハードを選ばない優秀録音。
DGGなんでマルチモノっぽい録音のはずなのに、聴いてみるとそんな不自然さは感じない。
K712proで空気感重視の再生もイイし、ESW9LTDで音像の明瞭度を重視するのもイイ。
この曲についてはカラヤン・BPO(85年・DGG盤)を聴いてたが、録音演奏ともにベームのほうがイイわ。

最後はJazz。
キース・ジャレットとチャーリー・ヘイデン「LAST DANCE」。
2人の前作「JASMINE」に比べると力が抜けた演奏(チョイ抜き過ぎかも?)。
ベースが膨らみ気味であることがそーゆー印象をもたらしてる可能性もある。
ハードウェアとの相性でいえば、自宅内スタジオでの録音ぽさを上手く再現していたのはESW9LTDの方だ。
小型密閉型のこもり加減が丁度よかったんだらう。
もともと自宅内スタジオでの録音だとゆーことを抜きに考えるのなら、K712proのサロンでくつろぐよーな雰囲気も悪くはない。
力の抜け具合から考えもK712proでのサロン風な聴こえ方が狙いなのかもしれん。


最近の読書
佐藤大輔「皇国の守護者7 愛国者どもの宴」(中公文庫)読了。
嗚呼、あと2巻を残すのみか……

続いて、一橋文哉「餃子の王将社長射殺事件」(角川書店)読了。
あいかわらずの一橋節炸裂(どこまでが真実なのか?)
満州の因縁恐るべし。

最近購入したCD(その1) [音楽]

昨日の夜に購入したまま放置してたCDをまとめてリッピング。
今日から聴き始める。
古い録音を含んでいるんで、あまりシビアな環境で聴くと苛つくことになりかねないんで、DX90j+ESW9LTDという組合せで。

まずは、ベーム・VPOの77年来日ライヴでベートーヴェン交響曲6番と5番。
この6番はワタシにとって最も馴染みやすい録音の田園だ。
緩い演奏の雰囲気に包まれる感じが心地よい。
コレに馴染みがあるってことは77年当時にコレを聴いたんだろーか?
あの頃はステレオFMチューナーもTV音声多重もなかったんで、聴いたとしたらモノラル環境だったはず。
一方、5番のほうは少々聴くのがツライ。
この溜めに溜めまくったかのような演奏の運命は、聴き手に忍耐を要求する気がする。

次は、Jazz Vocalで中本マリのソロデビューアルバム「アンフォゲタブル」(73年)。
ちょっと値段の高い中古CDを購入したけど、先般、ブルースペックCDでリリースされたので買い直した。
で、音の方はといえば、ややベースが膨らみ加減かなと思うところもあるが、録音年代を感じさせない水準。
さすがはTBMレーベルの録音だと思う。
当時、中本はまだ20代だったはずだが、イイ意味で若い歌声ではない。

最後は「bellissima! years The Best of COSA NOSTRA」。
COSA NOSTRAは好きなグループなんだが、アルバムの音の面では関心したことがなかった。
ところが、このベストアルバムはとても聴きやすい。
愛聴盤になりそーだな。


今日の読書
「国鉄改革の真実 宮廷革命と啓蒙運動」読了。
国鉄関連法案成立までの過程はまるで小説でも読んでるかのよーなスリリングさ。
一方、JR東日本との確執や新幹線鉄道保有機構の欺瞞については経営者としての本音がズバリ。
本書を通じて他の2者を批判的に直接言及しているところはないが、なんとなく何かがあったことは読み取れる気がする。
葛西だけが国鉄改革3羽ガラスの中で唯一無傷でいることも納得。

いま思ってることのメモ [日常]

BSスカパーでモーニング娘。'14のライヴを視聴。
いろいろと洗練されて、昔の曲もUpdate版なので、むかしよく見聞きしてたのとは別物。
と思いきや卒業イヴェントは昔ながらの雰囲気を残してた。


2012年版のNexus7のAndroidを5.0にしたらクソ恐ろしくトロくなった。
なんか対処方法がありそーなんで後で試す予定。


HM-901のファームを新GUIのバージョンにしたいのだが、HM-901の充電用ACアダプタが行方不明だ。
汎用性のあるプラグにしてくれてたら苦労もしないのに……


Twitterで検索をかけるとPono Playerが到着してるヒトがとチラホラ。
ワタシのところにはUSPSから出荷の知らせも来やしない。
ホントに年内に来るんだろか?

ESW9LTDで分かったC3の暖機の必要性 [オーディオ]

せっかく早寝したのに腹痛で目が醒めちゃった…

さて、今日は予告通りにC3+ESW9LTD。
通電直後の状態では、左右chバラバラでファンタムチャンネルが上手く像を結ばない。
ピアノの音もひしゃげてる。
音場の奥行き感もなく平板的。
これはやっちまったかなって音だったのが、15分ほど聴いてたらフツーのイイ音に変化。

音場は小さめだが、決して平板ではない。
左右のバラバラ感も消えたし、ピアノも愉しい。
これなら十分使える組合せだ。
特に長谷川陽子のVcとかジャニーヌ・ヤンセンのVnなんかはDX90j+ESW9LTDよりも艶っぽくてイイ感じに鳴ってくれる。

それにしても暖機でコレほど音の印象が変わるのも珍しい。
このことから分かるのはESW9LTDのハナシってゆーよりも、C3には15分ほどの暖機が必要だってこと。
でも、他のイヤホンやポタ用ヘッドフォンと組み合わせたときには、C3の暖機の必要性なんて感じなかったんだよなぁ。
強いてこじつければ、ESW9LTDが上流のDAPのコンディションに対する感応度が高いってことか?

と、ESW9LTDがだんだんと面白くなってきて、次のポタヘッドフォンDENON AH-MM400との比較が楽しみになってきたなぁとおもったところで、まさかのMM400発売延期の悲報。
なかなかにままならぬことよ。


今日の読書
葛西敬之「国鉄改革の真実 宮廷革命と啓蒙運動」(中央公論新社)に着手し、1/3まで。

ESW9LTDの初期エージングは済んだかな [オーディオ]

20時間ほどESW9LTDを鳴らし込むと、高音のドライなところは消えて、上から下まで音調が揃ってくれた。
今のところ、ESW9オリジナルとの異同は次のとおり。
・中低音の厚みは同じ。
・オリジナルで聴き取れる中低音~低音の濁りがLTDでは改善。
・高音が量的には多くないこと(高音不足ではない)は同じ。
・高音の明瞭度はLTDのほうが僅かに優っている。

とはいえ、オリジナルの方は長年使い込んでおり、エージングがバーンインを超えて劣化のレベルになっている状態(いわゆるヘタっている状態)なんで、高音の明瞭度は新品同士で比べたら差があるかどうかは不明。

他のESWシリーズとの比較も少々。
・ESW11のようなノッペリ感はない
・ESW10の独特の中広域の煌きはない。

このESW9LTDで感心したことだが、DAPの違いがハッキリと分かるほどの感応度を備えている。
・C4での音がワタシにとってはリファレンス。
・DX90jでは、中低音量時に高音がC4よりも温和になるし、音場の左右方向は少し狭め。
・iPod Touch3G(FLAC Player)直刺しでは、高音・低音の両端はスッパリ切り落として帯域内の音はキッチリ出すが、音場は奥行方向が狭まって平板な印象。

DX90jの高音の温和なところはピアノ曲で分かりやすいのだが、あくまでもC4での出音との比較でのことで、比較しなければ気にするほどのこともない。
iPod直刺しの平板なところはC4と比較とかしなくても聴けば分かるレベルだ。
それでは、iPod直刺しに実用性がないかといえば、そうでもない。
帯域内がキッチリとしているので、通勤の電車の中で聴く分には却って聴き取りやすいかもしれないかなと思う。

明日はミニマムなDAPとしてC3+ESW9LTDを試してみようかな。


最近の読書
大石英司「日中開戦3 長崎上陸」(中央公論新社)読了。
80年代のソ連脅威論華やかな頃は北海道占拠がいくつもの物語にされたが、九州が侵されたのは架空戦記の草分けの檜山良昭「日本本土決戦」(カッパ・ノベルス)くらいのもんかな。
本作では地公体の首長が売国的な態度をとるのがイマドキの設定なのか…
どうやって、この風呂敷を畳むんだろ?
まさか台湾義勇軍が参戦するとも思えず、想像がつきにくいところがこのシリーズのうまさ。

続いて、堂場瞬一「誤断」(中央公論新社)読了。
堂場には珍しく警察小説ではなく企業モノ(とはいえ事件モノではある)。
心理的な面での深堀りが殊更に強いわけでもないし、事件が複雑な展開になるわけでもない。
それなのに400頁超の作品が飽きさせずに一気読みさせるのは、著者の筆巧みなところだけではないはずなんだが、それが何なのかわからん。

ESW9LTD購入 [オーディオ]

帰宅途中にアキヨドへ立ち寄り、ESW9LTDを試聴。
持参のC4(6.3mm口)でオケ曲、ピアノトリオ、ジャズヴォーカルを数分ずつ。
やっと今年の新製品の中で初めて低音の支えがシッカリとした音のヘッドフォンに出っくわすことができた。
ESW9オリジナルと比較すると、高音がカラリとした音調であることが分かった。
中低音の柔らかさはオリジナルとLTDはほぼ共通しているよーに思えた。

さて、共通項に着目すれば、LTDを買い足すほどの違いじゃないとゆーことになる。
反対に高音の違いを面白いと思えば書い足してもよい。
暫し考えたが、結局、買うことにした。
上記の高音の違いって要素もあったが、ワタシの場合には、ESW9オリジナルがなんだかヘタってきてるのが気になってたとゆー事情もある。

帰宅後に落ち着いて聴きなおしてみたが、印象は上記と変わらず。
ただ、高音がカラリとした音調と言っても、明るすぎることはない。
キース・ジャレットのピアノを聴いてみると、ピアノの楽音の輪郭を強調しすぎず、スッと溶け込む聴こえ方。
高音が量的に弱いと評するヒトがいるかもしれないが、実際のナマのピアノの音はこんなもんだろって納得するヒトもいそうだ。
ワタシはどちらかと言えば後者なので、問題なし。

問題は中低音の暖かみはよいのだが、フォルテシモでは音が分解しきれないよーなところ。
これはオリジナルのESW9と同様だ。
上記の高音の音調とのつながりが悪いってほどではないけれども、暖かみがあるけど少々ドロドロっとしたところのある中低音にカラリとした高音が乗っていることは感じざるをえない。
そのあたりのつながりがエージングでよくなると面白いだらう。

と、まぁ、購入初日の印象はこんなもんだけど、2~3日後には全然違うことを書くよーな予感もあるなぁ……

ESW9の明暗 [オーディオ]

明後日のESW9LTD試聴に備えて、今日はC4+ESW9。
若干ソフトかなって思うところもあるけど、ベルティーニのマーラー交響曲4番もキース・ジャレットのバッハもうまい具合に鳴ってくれた。
ソフトであるがゆえに、ラトルのベルリオーズ幻想交響曲の不気味さの表現はやや後退気味ではあったが……
と少々の不満はあれど、低音の支えはきちんとしているので聴きやすい。

帰宅後にiPad mini RetinaでYouTubeとかニコ生とか視るのにESW9を使ったが、これは滅法相性が悪かったやうで、ソフトかつ見通しの悪さが際立つこもり加減。
iPadではMOMENTUMのほうが相性がよいみたい。

むー、これで果たしてESW9LTDの予習になったのか不安になってきたなぁ。
ま、登板機会の多いC4で上手く鳴ってくれりゃそれでイイんだけどさ。


今日の読書
小森陽一「音速の鷲」(集英社文庫)読了。
「天神」の続編だが、本作の終わり方だと3作目も想定されてそう。
まさかシリーズ化されるとは思ってなかった。
結構前作の評判がよかったんだろーなと。

喘息の切れ間で聴くのみ [日常]

今朝、家を出たら寒気にやられたのか咳が止まらず30分遅れて出勤。
その後も長めの会議とか出てたらますます悪化。
産業医に薬を出してもらって、帰宅後食事を済ませて早々に一眠り。
で、この時間に眼が醒めちゃった…

昼休みは奇跡的に咳が止まってたんで、昼食後にC4+SE846で少々聴いた。
ショルティのマーラー交響曲5番の1楽章・2楽章しか聴けなかったけど、非常に満足度が高い。
楽器ごとの音の距離感がキレイに再現されて、イヤホンとしてはコレ以上うまく鳴らないんじゃないのかと思えるほど。
ソースとの相性もよい組合せだったのだらう。
ヘッドフォンではコレに匹敵するよーな聴こえ方をするのがどれだけあるのか。
今季はESW9LTDかMM-400を狙ってるけど、今日のC4+SE846のおかげで、財布の紐のハードルはグンと上がったかもしれん。

さて、眠気が帰ってきたんで、眼が冴えきっちゃう前に寝てしまおう。

DAPを替えて、もう1度MSR7を聴いてみたものの [オーディオ]

1つ前の記事でATH-MSR7を試聴した印象を書いたけれど、DX90jで鳴らしただけで書くのも不十分かなと思った。
で、今度はC4を持参して聴いてみた。

結果としては、う~ん、印象変わらず(笑)
ついでにSONYのMDR-1Aも聴いてみたが、こちらもMSR7と同様に低音の支えが不足気味。
MDR-1シリーズの初代は全体に音が緩めではあったが(と言うか緩んでいたからこそかもしれないが)、豊かな低音が聴けたと記憶してる。
ハイレゾ対応とかいう謎の謳い文句を付けたときは、低音不足の音に仕上げとけば、高域が伸びてるよーに聴こえるだろって消費者をなめた音作りにするのが流行りなのか?
低音が締まっていることと、オケが不自然に聴こえるほどの量感不足は違うことだと思うだけどねぇ。

もしかして自分の耳がおかしいのかなと疑う。
体調のせいで何を聴いても低音不足に聴こえちゃうのかなと一応疑う。
店内を見回してみると、自分の使ってるヘッドフォンはESW9くらいのもんだった。
C4+ESW9でオケ曲を聴くと、ちゃんとオケらしいスケール感。
小型密閉機ならではの閉塞感はあるけど、オケがオケらしく聴こえる。

自分の耳がいつもどりだとすると、やっぱりMSR7もMDR-1Aもオケ曲聴きには向かないと言わざるを得ないなぁ。
ま、オケ曲聴きのことは顧慮しないのがマーケッティングとして正解なのか?
寂しい限り。


昨日今日の読書
濱嘉之「オメガ 対中工作」(講談社文庫)読了。
前作の「オメガ」と同様に何も考えないで読むアクション物としては一定の水準を満たしてるが、それ以上のものではない。
著者は青山望シリーズに専念するくらいでイイんじゃないのか?

MSR-7の低音は締りすぎだと思う [オーディオ]

福岡から戻って金曜は平常勤務。
晩飯には最近はまってる「ディラン」のカレー。
昨日は牡蠣とチキンのハーフアンドハーフ。
小ぶりながらも牡蠣がたくさん入っており、辛すぎないカレーソースとよく合ってった。

食事を終えて船橋に着いてから、昨日がテクニカのATH-MSR7の発売日であることを思い出した。
テクニカの今季イチオシみたいなんで、当地のビックカメラでも置いてるかなと期待して、覗いてみると案の定2台試聴用に展示されてた。
よし、聴けるぞと意気込み、ワクワクしながら手持ちのDX90jにつないで試聴。
ソースはハイティンクのショスタコーヴィッチ交響曲8番3楽章。

密閉型らしからぬ閉塞感のなさは宣伝どおり。
だが、低音が引き締まり過ぎてるようにも感じた(DX90jなのに!)。
曲を替えて、カラヤンのR・シュトラウス・アルプス交響曲の「夜」・「日の出」、伊福部昭SF交響ファンタジー1番の冒頭部などを低音に着目して聴いてみる。
やっぱりフルオケを聴くには低音の量感が足りない。

フルオケのスケール感を気にしないヒトにとっては、MSR7はイイ感じかもしれん。
音抜けのよさは密閉型らしからぬ出来なんでね、そこを評価するヒトはいるだらう。
でも、ワタシには合わなかった。
引き締まった質感のままで量感を増やすか、もうちょい手綱を緩めるか、そのどちらでもよかったのだけれどねぇ。
う~ん残念。

今季の期待しているヘッドフォンで残りは、テクニカATH-ESW9LTD、デノンAH-MM400。
来週のESW9LTDはビックカメラ船橋店には出なさそうだから、アキヨドかeイヤに寄るのを忘れないよ~にしないとなぁ…

出張中と昨日の読書
真山仁「売国」(文藝春秋)読了。
宇宙開発側、検察側ともに人物を丁寧に描くのに力尽きたのか、事件そのもの(売国的な政治家たちの売国的な謀略)についてはアッサリと。
う~ん、欲求不満な読後感。
倍くらいのボリュームで描いてほしかったなぁ。
メッセージを送る