So-net無料ブログ作成
検索選択

AudioquestのNight☓☓☓のbalance化 [オーディオ]

書くネタがもう1本あるんだけど、疲れたから簡単に済ます。

Audioquestのヘッドフォンは2本所有中。
NightHawk(初代)とNightOwl Carbonだ。
これらの音を聴いてて、ずーっと思ってたのは、HiFi-M8(LXを含む)でバランス駆動で鳴らしたいなぁってこと。
CEntranceのプロ機特有の飾りっ気のない音が上記2本に合うと思ってのこと。

HD700用のバランスケーブル+4pinXLR⇒Dual3pinXLR変換ってゆー手もあるけれど、Audioquestなら本家のケーブルを使いたい。
早くバランスケーブル出ないかなぁと思ってた。
だが、ワタシの情報収集不足。
実際にはバランスケーブルは出ていた。
キャンペーンケーブルって表記の記事もあったから、広く市販されたわけではないのかもしれない。
そのDual3pinXLRのバランスケーブルの中古がAVACに出てた!

ポータブルCDの光ディジタル出力+HiFi-M8LXをソースにNightHawk(初代)とNightOwl Carbonを上記ケーブルでバランスで鳴らしてみた。
ちょっと意外な結果。
NightOwlに関しては、もともとの純正付属品(1.3mケーブル)のほうがよかった。
音のまとまりという点で、今回入手したバランスケーブルでは音場が広くなるけど、音楽が再生されている場を無視して拡散する印象。
一方、NightHawk(初代)はバランスの効用が十二分に発揮された。
音場がスーッと広がり、それまで音場が詰まっていたために高音の伸びが足らないよーに感じられたところも改善。
Dレンジ、Fレンジ、音場の広さの3つが同時に「程よく」よくなった。

まぁ、両方ともイイ結果だと、このケーブルをもう1本入手しなきゃってことになるんだけど、上記のよーになると楽だ。
バランスケーブルはNightHawkに固定して、NightOwlは引き続き純正ケーブルで固定。
組合せの選択の余地がないのは、趣味としてはつまらないけど、実用としては楽ちんだ。

いま楽しいのは、BSの音楽番組をBDレコーダ光出力+HiFi-M8LX+NightHawk(balance)で視聴することだ。
先日のWOWOWのTHE SQUAREのライブも非常にイイ音かつ愉しい音。
BSプレミアムのクラシック倶楽部もイイね。
nice!(0)  コメント(0)  トラックバック(0) 

nice! 0

コメント 0

コメントを書く

お名前:
URL:
コメント:
画像認証:
下の画像に表示されている文字を入力してください。

トラックバック 0

この記事のトラックバックURL:
メッセージを送る