So-net無料ブログ作成
検索選択

またMCカートリッジをオクで落札 [オーディオ]

オクでENTRE EC-30を落札。
昔むかし実際に使ってたカートリッジだ。
かなり好きな音のカートリッジだったけど、針折れ(カンチレバー折れ)になってしまった時にはENTRE社がなくなってしまい、廃棄しちゃった。
当時は針折れのカートリッジを直してくれるところなんてなかったのでね。

今回落としたEC-30は、見た目は結構年季が入ったものだったが、音は正常に出た。
ENTREはカートリッジとともに昇圧トランスでも有名だったので(某評論家(故人)はENTREに自分用のを特注したとか)、EC-30もトランスで鳴らすのが設計者の意図だったと思う。
しかし、ワタシはヘッドアンプでの増幅のほうがこのカートリッジの繊細さが活きると思っている。
今回もトランスではなくアンプ増幅で聴いた。

最初はプリアンプ(Counterpoint SA-5000)のMC入力で鳴らそうとした。
でも、このアンプも騙し騙し使ってるとゆーのが実情で、その時の機嫌次第で正常に機能しない。
その駄目なところは2つあって、MC入力で発振しちゃうこととバッファード出力がハムっちゃう。
必ず駄目ってわけじゃなく、ちゃんと鳴る日もあるんで始末に負えない。
今回もこの2箇所が駄目。
出力はバッファー噛ませない出力端子もあるので対処可能だが、MCカートリッジに大しては外部昇圧機器経由でMM入力を使うしかない。

とゆーわけでPioneerのヘッドアンプH-Z1を投入。
不思議なほどにSNがよくて、ハムノイズが全く出ないので、使っててストレスを感じずに済む。
EC-30との組合せでは、音の線が細いとゆーか、カリカリしたところもあった。
おそらくはアームの高さ、針圧をキッチリと詰めていけば、もっとよくなりそう。

昔使ってたカートリッジで入手したい物は残り1つで同じくENTREのEC-20。
買いたかったけど当時は見送ってしまったカートリッジはPioneer PC-70MC、YAMAHA MC-3。
さて生きてるうちにこの3本のカートリッジを入手することはできるのだらうか?

nice!(0)  コメント(0)  トラックバック(0) 

nice! 0

コメント 0

コメントを書く

お名前:
URL:
コメント:
画像認証:
下の画像に表示されている文字を入力してください。

トラックバック 0

この記事のトラックバックURL:
メッセージを送る