So-net無料ブログ作成
検索選択

先週のLyra [オーディオ]

さて、その後のLyra。
使っていくうちに、中高音の高いとこと高音の間で凹んでる感じ(つながりの悪いスーパーツイーターみたいな出音)は解消。
それに伴って、音場の広がりも出るよーになった。
かなりクセがなくなってきたかなぁと思い、卸したてで使って印象の芳しくなかったC4ともう1度組ませた。
高音方向は前記のとおりなんだが、低音が軽くて、ソースを選ぶところがある。
Lyraで聴くVocalは肉声っぽさよりも艶やかさで聴かせる感じなんだけど、低音の出にくいC4と組ませると、艶やかさよりも余所余所しく聴こえてしまう。
オケ曲も軽くて欲求不満。
ただ、Vnとかギターの器楽曲や温和な曲調の室内楽には、よく合う。

C4とは逆に、DX90jでは高音の凹みがなくなったことで、ますます音が丸っこく聴こえるよーになった。
どのソースでもそつなくこなすけど、この出音ならLyraの意味はあるのかと疑問に思う。

CK4+Portaphile627は、相変わらずイイ感じで鳴ってくれるが、曲によってはもう少し低音を引き締めたいって思うときもある。
ラインアウトの送り出し機を替えたら改善するかなと思い、PHPAはPortaphile627のままで、DAPを交換。
と思ってたらアクシデント。
T-51が死んでた……
それではってことで、DX90jのラインアウトをPortaphile627につないでみたが、なんか音がおかしい。
音が丸っこいままで、勢いだけ増加したよーな感じで、音量を上げても抜けの悪さはそのままに音圧だけ増えてく。
結局、CK4+Portaphile627で、mini-miniケーブルで調整するのがイイのかなぁ…

でも、DAP+PHPAも充電の管理とか、どーしてもDAP単体で済ますのよりも使い勝手はよくない。
時間を見つけて、PAW5000+Lyraの試聴もしてみようかねぇ。
それでダメならL&PのL5かしら。

nice!(0)  コメント(2)  トラックバック(0) 

nice! 0

コメント 2

hidemaro

ご無沙汰しております。
確かにLyraは上流との相性がカギになると私も思います。
私は結構Calyx Mとの相性が好きです。
ケーブルは私は銀線が合わなくて、8n-ofcの銅線が相性良かったです。
昔、ヤフオクで買ったものの使いまわしですが・・・
by hidemaro (2015-08-31 19:48) 

ms061027

hidemaroさんコメントありがとーございます。

ホントにLyraは上流次第のところがありますね。
おかげで死蔵状態だった古いPHPA総ざらい状態で組合せを試すはめになりましたが、死蔵品に再び火を入れるイイきっかけにもなりました。
その意味でも色々と愉しめるイヤホンです。

Lyraのリケーブルは当面留保状態です。
付属の銀線ケーブルによる高音のキラキラ感も含めて、まずはそのまま愉しもうかなとゆーことで。
by ms061027 (2015-09-02 19:57) 

コメントを書く

お名前:
URL:
コメント:
画像認証:
下の画像に表示されている文字を入力してください。

トラックバック 0

トラックバックの受付は締め切りました
メッセージを送る